Owner's Story

宿とオーナー、十人十色の物語
想起旅宿生活工作室 | アンディさん・古民家再生のイノベーター
「台南にきた人が、ここで何か感じてくれたらいいなと思って」。白シャツにジーンズというシンプルないでたちに、細い金縁の眼鏡。目を細めて笑うと、親近感が増す。台南の話を1つ1つ語ってくれるこの人が、地元の人でも歴史文学者でも、ましてや地域づくりの専門家でもないというのは信じがたい。台南で有名な宿「佳佳西市場」と「佳佳小南天」でかつてジェネラルマネージャーを務め、現在は助教授であり、ホテルのコンサルタントでもある。古民家の再生に尽力する彼は、「想起旅宿生活工作室」の共同創業者の1人、アンディさんだ。高雄で生まれ育った彼だが、台南に足を踏み入れて以来、この地を離れられずにいる。    
読む
花蓮日日 | スーミンさん.良いものを選ぶことにこだわり、良いものにこだわり、花蓮の美しさを一つ一つ伝えていく
初めてスーミンさんに会った時、じっと見つめる目の中に毅然とした強さが光っていたのを覚えている。肩まである髪はさらりと真ん中で分けられ、素朴ですっきりとした服を身にまとっていた。話し方は優しくもしっかりと芯があり、全身から強く凛としたパワーを感じられ、知らず知らずのうちに彼女が発する一字一句に耳を傾けてしまう。    
読む
原來宿 | 清譽・愚直で素直な男の子・清譽の夢見る力
建物には、性別が存在する。原來宿に足を踏み入れると、そんな空気を感じる。そ の空間が醸し出す独特な空気は、まるで大きな男の子の両手のようにがっしりして いて、暖かく、遊び心に富んでいる。そして、この池上にロンドンスタイルという 新たな風を作り上げた人物こそ、原來宿にもよく似た愚直で素直な男の子・清譽だ 。23歳から理想を実現させるための勇気と行動力を持っていた色黒の彼は、爽やか な口調で、田舎に戻って夢見る力で古い家屋を改造した創意工夫と物語を、旅人に 語る。。    
読む

人気ハッシュタグ

ハッシュタグで自分に合った旅を見つけよう

新着の宿

アップしたて!最新宿の紹介はこちらから

台湾で最も感動的な宿で一晩を。