Owner's Story

宿とオーナー、十人十色の物語
南灣PS | 阿詠さん、雅俐さん.青春の友と乗り込む南国行き列車 共に築く自由な暮らし
「南灣PS」の入り口の大きなガラスドアを開けると、心安らぐ空気の中に温かさと個性が満ちているのが感じられる。ここはオーナーの阿詠さんと雅俐さんが2人で築いたくつろぎの空間だ。学生の頃に知り合った2人。のちに1人はサーフィンを愛する、ボーイッシュで明るいグラフィックデザイナーに、もう1人は料理好きで自由気ままな性格の臨床検査技師となる。全く違う人生を歩んでいるようだが、縁が2人を引き寄せた。そして台湾中部と南部の墾丁を往復する休日の列車に何度も乗り込むうちに、墾丁を愛する気持ちから、暮らしへの共通の理想を見つけることになったのだった。    
読む
心宅 | 心心さん.絵筆を鍵に 心を開く童話
「心宅」のレトロな青緑の木の門を開ける。そこにいるのは、お洒落なベルベッドのロングスカートを履いたオーナーの心心さんだ。エレガントな白いレースシャツが透き通った白い肌に映え、高い声の中には一羽の青い鳥が踊りながら隠れているかのよう。「皆さんようこそ!ああ、どうしよう!皆さんに見つけてもらえて本当に嬉しいんです。Dear b&bは私が宿を開く時の一番の目標だったので」。まるで童話の中に隠されていた白雪姫のように、心からの純粋な願いを切に語る。秘密の庭が映える優雅な家の縁側に座る彼女は、なんだか精霊が肩の上にぴょんと乗ってきたり、ふっと微笑むだけでそよ風が吹いてきそうな気さえする。手にかごバッグを持っているので、これからピクニックに行くようにも見える。チェック柄の人生のピクニックシートを広げて、どうぞ座って聞いてくださいと私たちに声をかけてくれた目の前の彼女は、幻想的なイメージからどのようにこの「心宅」の童話へたどり着いたのだろう。    
読む
遷徙珈琲民宿 | 舒舒さん.大胆不敵な夢への旅
ポニーテールにまとめた長い髪、夏の爽やかな装いを身にまとい、少しも臆することなく親しみあふれる笑顔で迎えてくれた。気遣いを持って熱心に、この古い家屋を案内してくれる。彼女こそ客家族出身の舒舒さんだ。故郷・新竹の全てを愛し、この地の文化と芸術を牽引していきたい、自らの力を試したいと、25歳の時、ここ内湾の小さな集落にやってきた。「遷徙珈琲民宿」と共に歩んで行くために。    
読む

人気ハッシュタグ

ハッシュタグで自分に合った旅を見つけよう

新着の宿

アップしたて!最新宿の紹介はこちらから

7年間、あなたのために700軒の宿を訪ねました。