Owner's Story

宿とオーナー、十人十色の物語
溪頭有晴天 | 秀麗さん.緑溢れる生活スタイルをあなたにも
お湯が沸くと、秀麗さんは熱いお湯をコーヒーポットからゆっくりとドリッパーに注いだ。挽きたての豆が香りを放ちながら、水分を吸い込み膨らんでいく。彼女は静かに微笑み、手元を見つめている。水が注がれると同時に、私たちの心も落ち着いていった。自然が取り入れられた空間に、わずか4部屋の広々とした客室。民宿「溪頭有晴天」には、秀麗さんの生活へのこだわりと想像がたっぷり詰まっている。    
読む
門草行旅 | 小佩さん.暮らしに残る余白に夢への枝葉を描く
様々な香りが入り混じる迪化街を通り抜け、住宅地にほど近い路地の日常に足を踏み入れる。そっと静かに入口のドアを開けると、透き通るドアガラスの向こうから満面の笑みでこちらに挨拶をする女性が現れた。「門草行旅」のオーナー、小佩(シャオペイ)さんだ。清楚系女子といった出で立ちで、笑ったときにクシャっと三日月形になる目がより親しみやすさを感じさせる。「この香りは門草行旅のために調合した香りなんです」ラベンダーやオレンジ、レモンの混じり合った深い香りの中で踊る小佩さんのストーリー。自身の過去についてはリラックスしたような様子で話す彼女が、自らの手でつくり上げた古民家の話に話題が移ると、その眼差しは毅然としたものに変わる。「門草行旅」は白いキャンバスのようなもの。小佩さん自身が作り上げた生活の中で、理想の暮らしが楽しめる。    
読む
In Style House | Eason・「人」が第一、旅をこよなく愛する救急医
眼鏡に淡い青のシャツ、カジュアルジーンズと革靴。背は高く、落ち着いた雰囲気 を醸し出している。In Style House の主人Easonさんだ。彼の本業は、実は救急科 専門医。旅に魅せられたことがきっかけで、宿を持つことを夢見た。In Style Houseの話をする彼は、どこか自信に満ち溢れている。「人」が第一という理念の下 、細かい所までこだわりぬいたこの宿が、旅人たちを高雄の日常にいざなう。そし て、高雄にあるもう一つの家を旅人たちに与えてくれているのだ。    
読む

人気ハッシュタグ

ハッシュタグで自分に合った旅を見つけよう

新着の宿

アップしたて!最新宿の紹介はこちらから

理想の生活への一歩一歩を少しずつ、でも着実に。