しまう

屏東恆春(墾丁)

南灣PS

南国の海で過ごす心地良い休日と、自分宛てのP.S.

+57

写真を見る

Dear b&b 3つの約束

  • 心地良いリラックス感のある庭と個性的なロビー
  • 山の景色を望むシンプルで心地良い部屋
  • 台湾ブランド「Reise 米膚」のバスアメニティ
  • 温かく親切なオーナー
  • 南湾のビーチ近く

宿について

宿の風景をのぞいてみよう

南国の海で過ごす心地良い休日と、自分宛てのP.S.

<p南国のハイビスカスが咲き乱れる中、ジリジリと熱い太陽を追って、台湾南部・南湾へとたどり着いた。海風を背中に受けながら、民家の並ぶ小道へと入り、突き当たりまで歩いていく。すると、山の麓にある小学校のすぐそばの曲がり角に、ひときわ目立つ打ち放しコンクリートの建物が佇んでいるのが見えたーー「南灣ps.」。赤いハイビスカスを引き立て、南国ならではのリラックスした空気を醸し出している。入り口の大きなガラスドアを開けると漂ってきた、軽快な音楽の中にふわりと混じるコーヒーの香り。オーナーの個性が光るデザインとインテリアがゆったりとした空間を作り出している。歩く速度もゆっくりと落ち着き、そばにあったビーズクッションにもたれかかる。屋外の小さな中庭にあるプルメリアも、あなたと共に空を見上げ、日の光を浴びている。

 

 

親切さと個性溢れるリラックス空間

「座って座って!どこでもいいですよ。床でもOK!」南灣ps.に足を踏み入れると、大らかな雰囲気のオーナー・阿詠さんが気さくに声をかけてくれた。もう一人のオーナーである雅俐さんは、ロビーの横にあるオープンキッチンで涼しげなウェルカムドリンクのソーダを準備している。リラックス感が漂うこの宿は古い家をリフォームしたもので、デザイナーの阿詠さんが設計を手がけた。一階のリビングは彼らの生活空間で、阿詠さんが自ら集めたアンティークコレクションや宝物をゲストと分かち合う場所にもなっている。一角にあるサーフィンボード、オープンシェルフに置かれたアンティークランプ、浜辺で撮った写真。本や植物もすべて無骨なインダストリアル風のインテリアの中にあり、他にはない独特な色彩と温かみを添えている。アイランドキッチンにある調理用具やコーヒーセットを合わせると、そこはまるで小さなカフェのよう。家に帰ってきたような雰囲気を残したまま、ここにしかない味を引き出している。

「ここに来たらやっぱりくつろがなくちゃ!」明るくユーモアのある阿詠さんは、器用に南灣ps.にぴったりなサブタイトルをつける。庭に続く木製のバーカウンターの窓を開け、日の光と外の緑を感じながら心地良い空間を満喫する。ソファーに寝転んで過ごす人、小さな鉄製の椅子に座って会話を楽しむ人。何にも縛られない自由な時間を心ゆくまで味わえる。

 

 

3つの部屋。気ままに吹く風から感じる広い海の景色

少し休んだ後、オーナーの阿詠さんが1階の裏庭にある「雙棲雙人房(2人で暮らす部屋)」へと案内してくれた。屋外には手作りの窓付きの木製バーカウンターがあり、ゆったりと景色を楽しむことができる。ここで食事をとったり、星を見たりするのもいい。壁一面の大きなガラス戸を開ける。赤レンガと木の質感がシンプルな部屋に温もりを与えていた。グリーンの一人掛けソファも嬉しい存在だ。外の黒い螺旋階段を上っていくと、そこは「走入山風雙人房(山風の入る2人部屋)」。居心地の良さを感じさせる打ち放しコンクリートをベースに、木製の手作り家具や赤レンガ、インテリアが個性的な雰囲気を作り出す。バルコニーの大きな窓を開けると、遠くまで続く山の景色が目に飛び込んでくる。時々、飛んでいく鷹の姿が目に入ることもあった。もう1つの「恣意四人房(欲張り4人部屋)」には、生命力溢れる海の香りが少しだけ多く流れている。太陽の光の筋がグレーの壁に影を落とし、一羽のカモメがゆったりと空を舞う。まるで壁にかかる一本のオールの後を追うように、海への憧れに向かってあなたと共に進んでいく。

 

夕暮れ時、外の小さなバルコニーへ出て街の風景を眺める。ひんやりとした風が憂いをそっと運んでいく。山の麓にある1階の裏庭で、椅子に座って友達とビールを飲みながら、話に花を咲かせるのもいいだろう。星たちが少しずつきらめき始める頃、散歩に行っていた子猫もいくぶん眠たそうにしながら戻ってくる。シャワールームで、オーナーが心を込めて選んだ、環境にやさしいバス用品「Reise 米膚」で体を潤した。すっきりしたら、夢の中へ…。

 

 

リラックスしたリズムの中で味わう朝食

ゆっくり朝寝坊して、まだウトウトした様子で1階へと降りる。前日に水遊びをした後、裏庭に乾かしておいた水着を片付け、ロビーへ行くと、キッチンにはすでに美味しそうな香りが漂っていた。料理が好きな雅俐さんが朝食を作り、阿詠さんはその横でコーヒーを淹れる。白いお皿にはさっぱりと美味しいフルーツや野菜、パン、ソーセージ。鉄のフライパンに盛り付けられているのは、スペイン風オムレツだ。旅の仲間と木のテーブルを囲んで、満ち足りた美しい朝の時間を味わう。

 

この場所では、時間はまるで窓の外に吹くそよ風のようにゆっくりと過ぎていき、いつまでものんびりとくつろいでいたくなってしまう。午後、友人と共に歩いて10分ほどの南湾のビーチへ行き、足を海につけながら浜辺を歩いた。何もせずに南灣ps.で1日を過ごすのもいい。日記の最後にP.S.を書き加えるように、ここを訪れる一人一人が、この南国での休暇に自分だけの美しい後書きを書き残せますように。

 

 

Owner's Story

宿とオーナー、十人十色の物語

阿詠さん、雅俐さん.青春の友と乗り込む南国行き列車 共に築く自由な暮らし

「南灣PS」の入り口の大きなガラスドアを開けると、心安らぐ空気の中に温かさと個性が満ちているのが感じられる。ここはオーナーの阿詠さんと雅俐さんが2人で築いたくつろぎの空間だ。学生の頃に知り合った2人。のちに1人はサーフィンを愛する、ボーイッシュで明るいグラフィックデザイナーに、もう1人は料理好きで自由気ままな性格の臨床検査技師となる。全く違う人生を歩んでいるようだが、縁が2人を引き寄せた。そして台湾中部と南部の墾丁を往復する休日の列車に何度も乗り込むうちに、墾丁を愛する気持ちから、暮らしへの共通の理想を見つけることになったのだった。

 

 

学生時代に巡り合った、家族のような深い友情

阿詠さんと雅俐さんに初めて会った。ボーイッシュで自由な雰囲気を纏った、すっきりとしたショートカットの明るい女性——阿詠さんは、まるで打ち寄せる黒い波しぶきのよう。時にユーモアを交えながら、宿にまつわるストーリーについて語っていく。ポニーテールを結わえ、キッチンでのんびりと料理をしているのは、雅俐さんだ。親切で優しそうな雰囲気の中には、誠実で真っ直ぐな個性が隠れている。互いに仕事を分担し、息の合った関係が築けているのは、学生時代に培った家族のような友情のおかげだ。

 

台湾中部・台中で育った2人は元々同じ専門学校で学んでいたが、学校生活の中での交流は少なかった。2人の距離が縮まり始めたのは、阿詠さんが休学してデザイン学科に入り直すと決めた頃だ。「あの頃、雅俐はバーテンダーのバイトをしていたから、よく裏口から中に入れてくれて、無料でお酒を作ってくれたんですよ!(笑)」話を聞く限り、なんだか飲み友達のような不思議な縁だが、後に一緒に出かけるまで仲良くなっていった。「それに彼女、ノリがいいんですよ! 毎回行かないって言うのに、後になって結局私たちについて来て、夜中に墾丁まで朝日を見に行ったり、私の説得に折れて一緒にサーフィンを学びに行ったりもしたんです。」阿詠さんは思い出を語っていく。彼女は学生の頃から、弟と一緒に車で墾丁へ行って海で遊ぶのが好きだったのだという。のちにこの情熱あふれる車に雅俐さんが加わり、2人の友情に思い出を増やしていった。

 
 

記憶の中の南湾で、未来への憧れを繫ぎ止める

卒業後、阿詠さんはデザインの仕事の道へと進み、雅俐さんは安定した臨床検査技師の仕事に就いた。それからしばらくして、阿詠さんはデザイン会社を離れることに決め、グラフィックデザイナーとしてフリーランスで仕事を受け始めた。その時に雅俐さんをお手伝いとして迎え入れ、2人は親友から仕事仲間となる。それから現在までの十年余り。共に墾丁で家を買い、南部へ移住して始めた新たな生活。ケンカや揉め事は避けられないが、いつも互いにとって丁度いいバランスを見つけている。

 

台湾南部に位置する墾丁・南湾。阿詠さんは青春時代の懐かしい思い出と海を愛する気持ちから、デザインの仕事を抱えたままこの場所にやって来た。1週間、そして半月が過ぎ、その後3ヶ月間宿に住み込みでアルバイトをする中で、だんだんと南部の気温に体が順応し、墾丁の時間の流れにすっかり慣れてしまっていることに気が付く。「要するにこの場所が好きってことだ!」この時、南湾でこれから先の暮らしを作っていこうと、阿詠さんは心に決めた。雅俐さんもこの場所ののんびりとした時間の流れが好きだと賛同し、共に南部で暮らし始めた。

 
 

南へと向かう車はここまで続いている

引っ越して来たばかりの頃の生活は思うようにはいかず、家の設計や建築の過程でも壁にぶつかった。それでも2人は諦めず、デザインの仕事を続けながらも、新たなことをゆっくりと模索し、共に歩いていく中で、だんだんと理想の生活を形にしていった。

 

ここ数年、墾丁の賑やかさはどんどん増している。けれど阿詠さんは今も迷うことなくこう語る。「それでも墾丁は綺麗ですよ。例えば朝早い時間の南湾はしんと静かで美しい。地元の人しか知らないような場所もたくさんあります。」それは本当にこの場所で生活をして、初めて心の底から感じられるものだ。記憶の中の海岸は、今も変わらず同じ場所にある。南へ向かう車は遥か昔の青春時代からここまで続き、より美しい暮らしを追い求め続けている。

 

客室タイプと料金

客室タイプ

+7

山風雙人
2人宿泊

NTD 3,800 ~ 4,800/部屋

doubleBedshowerbalcony

朝食付き、2階にあります、室内にあります、乾湿分離浴室、クイーンベッドダブルベッドx1、1 人追加可能 (more)

料金表
+6

雙棲套房
2人宿泊

NTD 3,600 ~ 4,600/部屋

doubleBedshowerbalcony

朝食付き、1階にあります、室内にあります、乾湿分離浴室、クイーンベッドダブルベッドx1、追加不可 (more)

料金表
+4

恣意四人
2人宿泊

NTD 3,800 ~ 4,800/部屋

doubleBedshowerbalcony

朝食付き、2階にあります、室内にあります、乾湿分離浴室、ダブルベッドx1、2 人追加可能 (more)

料金表

料金の詳細

予約について

  • 朝食付き:西洋風朝食(実際の料理は当日の食材により変わります)、ウェルカムドリンク
  • 平日の定義:日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日と金曜日
  • 休日の定義:土曜日
  • 人数やベッドの追加:ソファベッド、枕、かけ布団、備品と朝食含む、一人 1,000 元
  • 安全性の観点から、12 歲以下のお子様のご利用はお断りしております。
  • エレベーターを設置しておりません。身体の不自由な方、大きいお荷物をお持ちのお客様はご確認ください・
  • 1階にも客室があります。体の不自由な方、大きなお荷物をお持ちのお客様からご利用になれます。
  • 3 ヶ月以内のご予約が可能です。
  • お一人様サービス価格、平日の場合 20% 割引きにてご提供
  • 連泊特価あります。費用などの詳細は宿泊施設にお問い合わせ下さい。
  • 記載されている客室タイプと価格は参考です。詳しくは宿泊施設のホームページをご確認ください。ご予約の前に直接宿泊施設に価格などをお問い合わせすることをお勧めします。

予約の変更・キャンセルについて

  • ご予約済みのお客様で、お客様のご都合によりキャンセルされる場合、以下の規定に従い銀行振り込みで返金いたします(手数料として100元差し引かれます):
    • ご宿泊予定日より14日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の100%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より10 ~ 13日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の70%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より7 ~ 9日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の50%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より4 ~ 6日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の40%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より2 ~ 3日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の30%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より1日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の20%をご返金します。
    • 当日のキャンセル、または事前のご連絡がなかった場合、お支払い済みの料金は返還いたしかねます。
  • ご宿泊日程の変更は、元の宿泊予定日より14日(ご宿泊予定日当日を含まない)前にお知らせください。;6カ月以内の日程への変更が可能です。
  • 天災(地震、台風など)等により、宿泊施設の所在地自治体より、出勤通学停止令が出された場合、銀行振り込みにてお支払い済み料金を全額ご返還します或または6個月以内の宿泊日変更を一度だけ行えます。
  • 記載されている客室タイプと価格は参考です。詳しくは宿泊施設のホームページをご確認ください。ご予約の前に直接宿泊施設に価格などをお問い合わせすることをお勧めします。

宿泊情報

お車でお越しの場合

住所をナビに設定すれば到着できます。

大眾運輸

  • 宿までの距離:
      • 火車(電車)屏東駅,90.6キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては台灣鐵路管理局をご参照ください。
      • 火車(電車)枋寮駅,50.6キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては台灣鐵路管理局をご参照ください。
      • 恆春轉運站,4.4キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては國光客運高雄客運屏東客運をご参照ください。
      • 恆南南光路口バス停,0.4キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては台灣好行をご参照ください。
      • 恆春轉運站からタクシーのご利用をお勧めします。約10分、料金は約200元(時間と料金は参考)

ご予約確認後、行き方は宿へお問い合わせください。

屏東縣恆春鎮南灣路信義巷4 弄1 號

設備・サービス

室内共用設備

  • 屋外施設:庭、広々としたベランダ、物干し場
  • 家電用品:クーラー、扇風機
  • その他:Wi-Fi、本、雑誌、救急箱
  • 室内スペース:ロビー

サービス内容

  • タクシー手配
  • 観光情報提供
  • シュノーケリング、マリンスポーツ、サーフィン、スキューバーダイビング代行サービスあり
  • レンタカー代行あり(バイク)
  • 外国語サービスあり: 英語
  • ハガキ郵送代行
  • カフェあり;営業時間:10:00 ~ 22:00(予約制)

宿泊について

  • チェックイン時間:15:00 ~ 16:00;宿泊施設に到着予定時間を事前にお知らせする必要がございます。ご宿泊より 1 日前にお知らせください。レイトチェックインが必要な場合は、ご予約の際にお知らせください
  • チェックアウト:11:00まで。チェックアウト時間は厳守して頂けますようお願い致します。レイトチェックアウトの場合、規定のチェックアウト時間より1時間毎に 500 元の追加料金が発生します。
  • 朝食:08:30 ~ 09:30;ベジタリアンメニューをご提供できます。ご予約の際にお知らせください。
  • 共用スペースご利用可能時間 08:30 ~ 22:00
  • お荷物をお預かりしますが保管責任は負いかねますので、予めご了承ください。(事前に宿泊施設にお問い合わせ下さい。)
  • カフェあり;営業時間:10:00 ~ 22:00(予約制)
  • 宿泊品質を保つため、ペットは禁止させて頂きます。
  • 必ず事前にご予約下さい。当日の宿泊はお断りしております。
  • 環境保護の為、歯ブラシと歯磨き粉はご持参いただけますようお願いします。
  • 2泊以上される場合、ベッドのシーツ、かけ布団、枕、タオル、バスタオルと清掃などのサービスは致しかねます。予めご了承ください。
  • お客様のプライバシー保護の為、ご予約のお客様のみおもてなしいたします。その他のお客様のご入場はお断りしております。
  • 自然に囲まれた環境の為、室内に虫がいることがあります。
  • 日差しが強いので、日よけ用の衣類や日焼け止めなどのご用意をおすすめします。
  • 厨房器具はご利用になれません
  • 客室内での飲食はご遠慮ください。お食事は公共スペースにてお願いします。ご利用後は清掃をお願い致します。
  • 近隣の迷惑になりますので、お子様の走り回る、大きな声を出すなどの行為はお控えください。
  • チェックインの際に身分証またはパスポートなど身分を証明できる物をご持参ください。
  • 当宿泊施設では、クレジットカードと国民旅遊カードでのお支払いが可能です。
  • 当宿泊施設では、領収書の発行が可能です。
  • 貴重品類はご自身にて保管してください。宿泊施設は一切の保管責任を負いません。
  • 使わない電灯や電気機器は消してください。
  • ルームキーを紛失或いは損壊した場合、500 元をお支払い頂きます。
  • 室内の設備や置物などは動かしたり、破損させたりしないで下さい。万一紛失或いは損壊した場合、損害賠償請求をさせていただきます。
  • 室内は全面禁煙です。おたばこは屋外にてお願いいたします。
  • 違法ドラッグ、泥酔、賭博、大声を出す、ケンカ、爆竹及び如何なる違法行為は禁止しております。万一違法行為を確認した場合、直ちに退居していただき、損害賠償の請求、通報を致します。

連絡先

住所
屏東縣恆春鎮南灣路信義巷4 弄1 號

携帯番号
+886-963-391-221
* ご予約の際、宿にDear b&bの利用者だと伝えると、ご宿泊時に限定ポストカードをプレゼント!

Facebook
https://www.facebook.com/nanwanps

Instagram
https://www.instagram.com/nanwanps/

メールアドレス
nanwanps@gmail.com

LINE ID
nanwanps

WeChat ID
nanwanps

WhatsApp ID
+886963391221