しまう

台南市區

想起旅宿生活工作室

台南で古き良き暮らしに思いを巡らす

+109

写真を見る

Dear b&b 3つの約束

  • 在りし日の大家族の暮らしを再現
  • ダイニングバーと古美術などが融合した空間
  • 伝統市場のガイドツアー&朝食クッキング教室
  • 国華街と水仙宮市場近く

宿について

宿の風景をのぞいてみよう

台南で古き良き暮らしに思いを巡らす

夏の台南――そこは旅で高鳴る胸と同じように熱気に満ちていた。古い民家が並ぶ路地裏を行ったり来たり。角を曲がるたびに、懐かしい子供の頃の風景が甦ってくるようだ。行き交う人の声でにぎわう水仙宮市場は、多彩な香りで溢れかえっており、幼い頃の記憶を思い起こさせる。おばあちゃんのザラザラとした手に引かれて、色とりどりの商品が並ぶ市場を歩き回ったこと、その日の新鮮な食材をカゴいっぱいに詰めて家路についたこと……。宮後街を曲がる。赤タイルが敷かれた道の両側には古い建物が並んでいた。昔歩いたことがあるようなその通りに、「想起旅宿生活工作室」は静かに佇んでいた。古きよき日々へといざなうように、暖かな黄色いライトを輝かせながら――。

 

 

新旧が交錯する複合空間

台南の生活、宿、食事の精髄を集めた「想起旅宿生活工作室」。リラックスした休日を過ごすだけでなく、台南の暮らしを深く知ることもできる。1階のロビーでは、文化ガイドと手作り教室を「日光暖暖旅行文化工作室」と共に運営。傍らにあるカフェバーでは不定期で、台南の伝統美食を味わう食事会や各種料理のポップアップレストランの開催もしている。更に、一般的な古くて狭い宿泊空間とは異なり、オーナーのアンディさんは、築50年と築100年を越える2つの古い家屋を繋ぎ合わせた。往時のままの広くて快適な大家族の家に、全く新しい息吹を吹き込んだのだ。

 

重厚な木の扉を開けると、明るく温かな雰囲気に包まれた。出迎えてくれたのは満面の笑みを浮かべた大きなおまわりさんのフィギュアだ。TVからは台南を紹介する日本の番組が流れている。大きな長テーブルの上には「日光暖暖旅行文化工作室」と共同で執り行う各種クラスの案内が置かれ、ベンチをリメイクした展示棚には、さまざまな懐かしい小物――レトロな玩具やセピア色の写真が飾られていた。壁には古看板が。至る所にアンディさんのパートナーである陳医師のコレクションが置かれている。童心を忘れていない骨董品の数々だ。

 

靴を脱いでサンダルに履き替える。旅の疲れも消え入るようだ。裏門をくぐり、ロビーの先にある中庭へ。鉄格子にまだらな影を落とすのは、温かな陽射しを遮る緑の葉。過ぎ去りし時は長廊下に閉じ込められているように、静かに美しく、午後を色づけてゆく。

 
 

古き良き時代のような静かな一晩を

階段を上がると、細く長い廊下が続いていて、黄昏時の光が降り注いでいた。一歩踏み出すごとに懐かしさが込み上げてきて、子供の頃の思い出が心の中で花開くよう。2つの建物には、それぞれワンフロアに客室が一部屋ずつ。広々とした贅沢な空間で、プライベートタイムを満喫したい。

 

4階の「天台隠居-節慶・老店」は2人部屋だ。お気に入りの詩集を手にロフトへ上がろう。デスクライトを灯したら、静かな読書の時間の始まりだ。ロフト下の小部屋で、若かりし頃に戻ったように、映画パーティーに興じるのも、愛する人と肩を並べてロマンチックに映画鑑賞をするのもいい。広々とした3階の「天台隠居-老屋」は、ファミリーや仲間同士での旅にぴったりだ。 気兼ねなく裸足になったり、笑い声を響かせたり、それこそがまたとない時を彩るエッセンスとなる。2階のノスタルジックな台南茶サロンへ。透明の密封ボトルの中にはオーナーが丹精を込めて選んだ老茶が並んでいた。香りのよいお茶を淹れて、丸々とした椪餅(台南伝統のおやつ)と一緒にお盆の上にのせたら、2階の「自在一層樓」に。懐かしい味を噛みしめると、窓の外の喧騒は静まり返って笑い声に包まれた。少しずつ甘い記憶が甦ってくる。幸せもまた、ほんのりと甘く香るお茶のようにシンプルなものなのだろう。

 

もう一方の100年を越える建物の中庭で、太陽の光を楽しむのも悪くない。木のらせん階段をしっかり踏みしめて、中庭に沿うように2階へ。「天井隠居」のドアをゆっくり回した。ワンフロアを独り占めできる、懐かしい雰囲気の2人部屋だ。浴室と、お茶を淹れておしゃべりを楽しめる小上がりの和室もある。3つの時代を見守ってきた赤レンガの壁とレトロな看板が、昔の記憶を呼び醒ます。部屋の奥にある「地霊人傑」の文字が刻まれた赤褐色の扉を開くと、ベランダへと通じていた。夕刻を告げる南国の風が吹き抜ける。見下ろすと、台南の日常風景が広がっていた。

 
 

朝市で地元文化を体験、甦る懐かしの味

翌朝、にぎやかな通りはすでに熱気であふれ、新しい1日の幕を開けていた。素早く身支度を整え、寝ぼけまなこのまま階下へ。「日光暖暖旅行文化工作室」の語羚さんは、7時にはすでにロビーで準備万端の様子で待っていた。元気いっぱいにあいさつの声を掛けると、見事に編集された動画を流して紹介してくれた。語羚さんのガイドに引き込まれ、水仙宮市場の探訪が始まる。

 

「宮後街はかつての旧道名が残る台南でも数少ない通りです」。語羚さんと同行スタッフのオリーブさんの軽快な足取りに導かれ、水仙宮市場へ到着した。店々からは客を呼び込む声が響いている。とれたての新鮮な魚や色とりどりの野菜に果物、懐かしいお菓子も並んでいる。煌々と輝く店々が懐かしの味を想い起こさせた。今日の朝食の材料をいっぱいにして宿へと戻る。すでにお腹はペコペコだ。朝食への期待は高まる。アンディさん自ら厨房へ入り、熟練の腕でひと皿ひと皿美食を仕上げていく。あっという間に、美味しそうな家庭料理がテーブルいっぱいに並んだ――ブロッコリーのニンニク炒め、柔らかな牛肉の赤ワイン煮ワインビネガーソース添え、口当たりのよい濃厚なアメリカン・スクランブルエッグ、さっぱりとした自家製ビネガードレッシングの生野菜サラダ……。中でも特別に用意した地元の名物料理、サバヒーのスープは、ひと口すすると、台南の風味が舌の上に広がった。目と舌で堪能したい豊かな饗宴で、素晴らしい1日を始めよう。

 

台南の空の下をそぞろ歩き。生活の跡が記された古い家々が並ぶ。その前を通り過ぎると、重ねてきた歳月を垣間見た気がした。そして、悩みなどなくただ楽しかっただけの幼き日々を想い起こす――幸せは、とても単純なものなのかもしれない。 サンダルを履いてぶらぶらするひと時、笑いながらグラスを重ねる時間、静かに日の光を浴びる午後――忙しさの中で足を止めさえすれば、暮らしを感じ、ただ美しいだけのシンプルな幸せを探し出すことができるのだ。

 

 

Owner's Story

宿とオーナー、十人十色の物語

アンディさん・古民家再生のイノベーター

「台南にきた人が、ここで何か感じてくれたらいいなと思って」。白シャツにジーンズというシンプルないでたちに、細い金縁の眼鏡。目を細めて笑うと、親近感が増す。台南の話を1つ1つ語ってくれるこの人が、地元の人でも歴史文学者でも、ましてや地域づくりの専門家でもないというのは信じがたい。台南で有名な宿「佳佳西市場」と「佳佳小南天」でかつてジェネラルマネージャーを務め、現在は助教授であり、ホテルのコンサルタントでもある。古民家の再生に尽力する彼は、「想起旅宿生活工作室」の共同創業者の1人、アンディさんだ。高雄で生まれ育った彼だが、台南に足を踏み入れて以来、この地を離れられずにいる。

 

 

全ての始まりはビンロウ屋台

「想起旅宿生活工作室」はアンディさんのほか、家主である医師の陳先生と歴史文化の保護を推進する阿正さんの3人で運営している。3人の関係を聞くと、思いもよらぬ答えが――全ての始まりは小さなビンロウ売りの屋台だったという。

 

台南中西区にある「馬路楊檳榔会社」は、外見からはビンロウ屋台とは想像もつかない。街から身を隠すように立つ小さな店に、ユーモアと親しみがあるオーナー。魅了されるのは旅人だけでなく、地元の人にとっても交流の場となっていた。情熱的なオーナーは、「想起旅宿生活工作室」の3人と同一線上にいるような人だ。

 

全てはビンロウ屋台のオーナー、楊さんと古民家の家主である陳先生とのおしゃべりから始まった。元々家庭料理のレストランとして貸していたが、契約満了と共に営業は終了。困った人を放っておけない楊さんは、陳先生のために一肌脱ごうと、その後の食事の席で、アンディさんと阿正さんを引き合わせた。縁は結ばれ、3人は古民家再生に乗り出したのだ。

 
 

愛した台南で、第二の故郷を築く

主にアンディさんのアイディアを形にする方向で進んだ。彼は以前5つ星ホテルに勤めていたが、縁あって9年前に歴史香る街、台南にやってきた。そして台南の人情と文化にどっぷりはまってしまったのだ。「台南には知るべき場所がたくさんある。台南独自の生活スタイルがあるし、特有のペースも個性もある」と、アンディさんは言う。当時はまだ古民家の価値は広く理解されていなかった。しかし、先見の明があった彼は、地元の人と共に古民家再生に乗り出した。個性的な「佳佳西市場文化旅店」を造り、「打開連合文創グループ」の一員として、経営・管理という重要な役割を担ってきた。

 

「あの頃は本当にクレイジーだったよ!」笑いながら台南に来た頃のことを話し始める。いつも深夜に車を飛ばして行ったり来たりしたかと思えば、昔の人の知恵を実践しようと歩いて街を巡り、台南の文化と歴史を見て回った。消し去られた歳月の中から、埋もれた記憶を掘り起こせることを期待してーーそして、100年の歴史が培ってきた知恵と物語を感じてきた。

 

各地を旅する以外にも、アンディさんはかつて福建省の旧都再建計画に協力していたこともあった。旅で得た考えとインスピレーションを、まるで少年のように淀みなく語る。「夜の6時を過ぎると誰もいない旧都のようだったんだ。みんなに注目してもらわなくちゃと、野外で台湾映画を放映して。でも、実は彼らに挑戦を仕掛ける試みでもあったんだよ」これまでの経験は、アンディさんの発想力を養ってきた。

 
 

共生共創の生活空間を築く

アンディさんは、共生共創の生活空間として「想起旅宿生活工作室」を創設した。昼は和風カレー店、夜にはカフェバーへと変身する。それから「日光暖暖旅行文化工作室」の語羚さんが、各種レッスンと地元のガイドを務める。颯爽とアンディさんは言う。「土地になじむには、伝統市場に行けばいいさ!」2泊3日の日程でやってくる旅人のために、中1日の朝は市場へ行って気軽に台南の文化や歴史に触れるコースを用意している。ほかにも調理法を披露する「家庭料理をシェアする会」や、風景と併せて楽しめる「街角映画館」など、興味深いイベントもたびたび開催している。旅先でくつろぐだけでなく、 旅行者の心と土地の風情を繋ぎ合わせて、旅が暮らしにとって意義あるものとなることを目指してーー。

 

「ユニークな空間を造りたい!」これは、アンディさんと仲間たちの切なる想いだ。新しいことに挑み続けるアンディさんは、これっぽっちも恐れていない。これまでのあり方に果敢に立ち向かう彼は、文化の意義深さを胸に、アイディアの最先端を歩いてゆく。「佳佳西市場」と「佳佳小南天」から始まり、現在の「想起旅宿生活工作室」に至るまで、アンディさんは常に昔の記憶を現代の言葉で紡いでいる。新しいストーリーを紡ぎ出し、次世代へと伝承しているのだ。同じ理念を持った仲間と共にーー。

 

 

客室タイプと料金

客室タイプ

+7

天井隱居-茶.咖啡
2人宿泊

NTD 2,600 ~ 3,600/部屋

singleMattressbalcony

朝食無し、2階にあります、室内 83 平米、専用浴室が部屋外にあります、一人用マットレスx2、2 人追加可能 (more)

料金表
+8

天臺隱居-節慶.老店
2人宿泊

NTD 2,600 ~ 3,600/部屋

singleBeddoubleBedshower

朝食無し、4階にあります、室内 40 平米、室外 17 平米、室内にあります、ダブルベッドx1、シングルベッドx2、2 人追加可能 (more)

料金表
+6

天臺隱居-老屋
2人宿泊

NTD 2,600 ~ 3,600/部屋

singleBeddoubleBedshower

朝食無し、3階にあります、室内 66 平米、室内にあります、ダブルベッドx1、シングルベッドx2、追加不可 (more)

料金表
+4

自在一層樓-市場.小吃
2人宿泊

NTD 2,600 ~ 2,850/部屋

singleBeddoubleBedbathtub

朝食無し、2階にあります、室内 40 平米、室内にあります、ダブルベッドx1、シングルベッドx2、一人用バスタブ、追加不可 (more)

料金表
+5

一個人旅行靜思房
1人宿泊

NTD 1,400 ~ 1,600/部屋

singleBed

朝食無し、2階にあります、共同浴室が部屋外にあります、シングルベッドx1、追加不可 (more)

料金表
+4

一個人背包旅行
1人宿泊

NTD 1,000 ~ 1,000/部屋

singleBed

朝食無し、1階にあります、共同浴室が部屋外にあります、シングルベッドx1、追加不可 (more)

料金表

料金の詳細

予約について

  • 宿泊のみ、朝食無し
  • 平日の定義:日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日と金曜日
  • 休日の定義:土曜日
  • 人数やベッドの追加:一人用マットレス、枕、かけ布団、備品と朝食含む、一人 800 元
  • 安全性の観点から、12 歲以下のお子様のご利用はお断りしております。
  • エレベーターを設置しておりません。身体の不自由な方、大きいお荷物をお持ちのお客様はご確認ください・
  • できます。無料。予約の際にお知らせください。
  • 記載されている客室タイプと価格は参考です。詳しくは宿泊施設のホームページをご確認ください。ご予約の前に直接宿泊施設に価格などをお問い合わせすることをお勧めします。

予約の変更・キャンセルについて

  • ご予約済みのお客様で、お客様のご都合によりキャンセルされる場合、以下の規定に従い銀行振り込みで返金いたします。:
    • ご宿泊予定日より14日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の100%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より10 ~ 13日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の70%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より7 ~ 9日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の50%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より4 ~ 6日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の40%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より2 ~ 3日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の30%をご返金します。
    • ご宿泊予定日より1日前にお知らせ頂いた場合、お支払い済み金額の20%をご返金します。
    • 当日のキャンセル、または事前のご連絡がなかった場合、お支払い済みの料金は返還いたしかねます。
  • 天災(地震、台風など)等により、宿泊施設の所在地自治体より、出勤通学停止令が出された場合、銀行振り込みにてお支払い済み料金を全額ご返還します
  • 記載されている客室タイプと価格は参考です。詳しくは宿泊施設のホームページをご確認ください。ご予約の前に直接宿泊施設に価格などをお問い合わせすることをお勧めします。

宿泊情報

お車でお越しの場合

住所をナビに設定すれば到着できます。

大眾運輸

  • 宿までの距離:
      • 臺南機場,6.9キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては臺南航空站をご参照ください。
      • 火車(電車)臺南駅,1.7キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては台灣鐵路管理局をご参照ください。
      • 台南轉運站,1.6キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては統聯客運國光客運和欣客運をご参照ください。
      • 中山民權路口バス停,0.9キロ;時刻表と乗車券の料金につきましては台南公車をご参照ください。
      • 臺南火車站からタクシーのご利用をお勧めします。約5分、料金は約90元(時間と料金は参考)

ご予約確認後、行き方は宿へお問い合わせください。

臺南市中西區宮後街1 號

設備・サービス

室内共用設備

  • 飲み物/食べ物:お茶、コーヒー、お菓子
  • 家電用品:サウナ、冷蔵庫、ウォーターサーバー
  • アメニティーグッズ:ハンドソープ
  • その他:本、雑誌、食器、Wi-Fi
  • 室内スペース:ロビー、リビング

サービス内容

  • タクシー手配
  • 観光情報提供
  • お世話スタッフ
  • ガイドサービス
  • イベント予約
  • ベビーバス、幼児用の食器などの乳幼児用品のご提供ができます。(要予約)
  • 工芸品販売
  • 外国語サービスあり: 英語、日本語
  • カフェ、バーあり;営業時間:19:00 ~ 00:30;ご宿泊のお客様は 10% 割引き

宿泊について

  • チェックイン時間:16:00 ~ 20:00;宿泊施設に到着予定時間を事前にお知らせする必要がございます。ご宿泊より 1 日前にお知らせください
  • チェックアウト:12:00まで。チェックアウト時間は厳守して頂けますようお願い致します
  • 共用スペースご利用可能時間 09:00 ~ 18:00
  • カフェ、バーあり;営業時間:19:00 ~ 00:30;ご宿泊のお客様は 10% 割引き
  • 宿泊品質を保つため、ペットは禁止させて頂きます。
  • 環境保護の為、歯ブラシと歯磨き粉はご持参いただけますようお願いします。
  • この宿は骨董家具を提供しております。ご利用の際はくれぐれもご注意ください。
  • 一部の厨房器具のみご利用になれます
  • 貴重品類はご自身にて保管してください。宿泊施設は一切の保管責任を負いません。
  • 使わない電灯や電気機器は消してください。
  • 室内は全面禁煙です。おたばこは屋外にてお願いいたします。
  • 違法ドラッグ、泥酔、賭博、大声を出す、ケンカ、爆竹及び如何なる違法行為は禁止しております。万一違法行為を確認した場合、直ちに退居していただき、損害賠償の請求、通報を致します。

連絡先

住所
臺南市中西區宮後街1 號

電話番号
+886-968-527-567
* ご予約の際、宿にDear b&bの利用者だと伝えると、ご宿泊時に限定ポストカードをプレゼント!

連絡時間帯
09:00 - 20:00

Facebook
https://www.facebook.com/想起民宿住食珈琲酒古物收藏園藝療癒的共創空間-426538164348191/

メールアドレス
old.houselive@gmail.com

LINE ID
ald.house

WeChat ID
oldhouselive

WhatsApp ID
+886968527567